ほにゃ




ぼちぼちやっていこうと思っていたホニャララも、ぼちぼちやっていたら一年経った。
今はこのまま月に一回くらい書けてれば上出来だと思ってる、そのうちお店を始めたら書くことなんて山ほどです。(そうなることを祈ってる。)



さてさて、働くお店が変わったから、今年の年末年始は去年とちがった過ごし方。
年末はおせちの仕込みと引き渡し、ほんで大晦日のディナー営業。
もともと大学生のときも年末年始働いてたりしたから、若かりし頃の青々しい感情を思い出した。
大晦日の夜に恒例で食べにくるお客さんにワインを頂きつつ働いたので、ほろよいで除夜の鐘を聞きながらのご帰宅。



元日はのんびり過ごしてから、夜に宇治の実家に行って年始の挨拶とごはん。まだまだ精進せねばならぬぼくを家族として接してくれることに、ほんとうに心から感謝している。(だから、がんばる。)



翌日から群馬。東京を経由して行くのが無難だけど、今回は金沢経由。結論から言うと乗り換えだけでは新鮮な魚介類の駅弁買えず、でも改札の外には出れないから、次は金沢に一泊しようとまにゃと強く誓った。
夕方着いた群馬ではレンタカーで高崎から大胡あたりを通りながら桐生まで。山道で見た月がでっかかった、スーパームーン。みんな見た?
夜にりっぷる洋品店さんが開いていたから行ってみた。織物や染物の街で暮らす人と少しゆっくりおしゃべりできて、しっくりきそうなセーターをまにゃが買い、僕は靴下を。



翌朝は桐生が岡遊園地と桐生が岡動物園に行って、とっても寂れたちっさなちっさなところだったけど、駐車場も満車でにぎわっていたことに驚き。もし群馬に住んでいてデートするなら僕は桐生が岡遊園地と桐生が岡動物園に行くと思う、本当にちいさな頃から遊んでた場所を見てもらうのだ。
夜は実家で家族団らん。甥っ子ふたりは今年もあふれんばかりのパワーだった。



次の日、京都に帰ってくる途中に東京に寄る。さちさんが会ってくれた。もう東京のことがだんだんとわからなくなってきて、どこに行ったら落ち着けるのかもわからなくなってきていて。
日暮里のあたりを勧めてくれて、冬の陽光に照らされて道を歩いた。コーヒーを飲んで一息着いて、また少し歩いて別のお店でワイン一杯だけ飲んで。新幹線に乗るまでちょっと時間が余ったから、東京駅構内のはしっこまで散歩したのも楽しかった。



そんなこんなで2018、スタートしています。
年が変わっても学ぶことは変わらず、目標であり目的も変わらず。自分なりのかたちで、右脳と左脳を捻りながら、家族を(まずは夫婦を)養っていくこと。
18歳からその道に進んでいる人と勝負しても叶いっこない、というかそれとは別の経験をしている僕がその道に進んだのだから、勝負はしないで仲良く楽しくやる。(もちろん料理のおいしさは負けないぞ、という気持ちを捨てるわけじゃない。)
良い意味の開き直りをするってのは、はっきりしてる。



今日は月曜日だからお休み。昼にふたりで映画観て、夜はふたりで歯医者。その後はふたりのお気に入りのフランス料理屋さんに予約を入れた。
さっき靴洗いました、ずっと洗いたかったからすっきり。
実はめずらしく三連休なので、明日は映画館に行く予定。二本立てじゃないけど二本観る。



まわりにいてくれる家族や友人に感謝して、自分の仕事の質を高めて、心身とも健康で居られるように努める。そうして暮らしたいです。

広告を非表示にする

ひとつだけ

あけましておめでとうございます。


今年は大晦日(というかほぼ年明けの瞬間)までお店があったので、なんだか思いのほか日々が地続きな感覚です。


2017年はざっくり振り返ってニュースなことを手帳に書き留めてただけでも、小一時間掛かるくらいの密度だった。
今までさわやかなフルーツゼリーな年もあったけど、2017年はまるでなめらかクリームたっぷりプリンな年。


今年は何が起こるのか、起こるというか起こすのか。


ほしいもの、を残しておこう。
「求めよ さらば与えられん」、備忘録です。


・自分の包丁
→牛刀とペティナイフと、砥石。どのメーカーがおすすめですか?


・電動シェーバー
→清潔感。


・調理師免許
食品衛生責任者の資格でもお店はできるけど、今はまだ調理師免許を目指そう。


・ジョギングする習慣
→健康。身体のハード、ソフト両面のリフレッシュも兼ねて。


・髪型
→そろそろ自分のなかで定番のかたちを見つけ出したい。


・料理の知識
→パン、デザート、ワインも。お店が早く終わった日は、書店へ行く。


・さいふ
→ちいさくてよい、カード類とすこしのお金が入れば。


・名刺入れ
MUJIでよい、名刺をつくらねば。


・ミンサー
→家でパテ・ド・カンパーニュを作るには必要、手動でよい。


・テリーヌ型
→家でパテ・ド・カンパーニュを作るには必要。


・パウンドケーキ型
→紙のはあるけど、どうせ何度も作るなら。


・シノア
→家で濾したい。あのとき、フランスで買ってくればよかった。


・フードプロセッサー
→なければ頑張ってみじん切りします。


・車
→なければ頑張って自転車します。


・自転車
→今のは4年目、カゴがほしい。今ので、満足はしてます。


ほんとはみんなの夢の話、ききたい。
現実的なんかじゃなくて、いいの。


www.youtube.com

広告を非表示にする


もういくつかでお正月、早いねぇ。
2017年は誕生日の前日に結婚式があったから、まったくもってバースデー感がなくて、歳をとった感覚がない。
困ったもんです、こころはまだ28歳。
28歳なのに次の誕生日がきたら、急に30歳になるんです。


楽しみではある、30代。
手の届くところにある物事に対して腰を据えて向き合う時期かな。
向き合うと言っても対峙するわけではなくて、見つめ合って真摯に取り組むということ。
自分とそれをシンクロさせていく。
家族とか、仕事とか、健康とか。


今日、ハーブ&ドロシーという夫婦の映画を観ました。
それが僕のなかで良き羅針盤になった(気がする)。
コンセプチュアルアートやミニマルアートという、人から見たらわかりづらくてとっつきづらいものでも、シンプルに「好き」に従う。健気さ、素直さ。
僕も削ぎ落として残ったものが美しいと信じてた、若かりし頃のパッションを思い出したし、そういうものを誰にも理解されなくてもいいから、描いていくのもいいかもなって。
幸い僕の場合は、店をやるつもりだから、飾る場所には困らないわけで。


それにしても今日は休日だったけど、色々動いた。まにゃと。寒いのに、ありがとう。


オマッジオという南イタリアの料理屋さんでランチをしてきた。
イタリアとフランスは似てるけど、やっぱ違くて、どちらも魅力的だねと。
レストランは料理を食べる場所。
だからこそ、空間(ハードとしてもソフトとしても)もサービスも、味に含まれるよねと。


あ、そうそう。
途中で休憩したカフェで、オオヤミノルさんの本をさーっと読んだことも良かった。
なんでこの人こんなに怒ってるんかな(怒ってないのかもしれないけど喧嘩腰…)とか、妙に概念的なことを書いてるなとか、思うところもあるけれどなかには納得する文章もあって。
お金ないからサードウェーブはDIYなのに、日本人はお金かけてDIY風の装飾をしてるとか。

まあ世の中にはなにかにキレてる人はほかにもいるので、それに対してとやかく言うつもりもないので、わたしはわたしであなたはあなたというスタンスであります。
わたしは休日の日暮れ時にどっかのお店で過ごして、夕焼けの光が反射する建物を見るのが好きなことを自覚しました。


昨年の今頃はまだ妻は大阪の仕事、僕は一乗寺の洋食屋。
入籍したばかりで、結婚式は2017年にできればいいよね程度。
年が明けてからまにゃはロンドン。

妻は京都で仕事を始め、僕も御所の近くのフランス料理屋。
結婚式もして、新婚旅行にも行けた。

師走の中で僕も妻も走るけど、たまに時間ができたら会話をして、どんな一年にしたいか聞いてみたいと思います。
冬なので風邪をひかないように、ただそれだけ気をつけて暮らします。

広告を非表示にする

💮


飛行機に乗って10時間くらい経ってるのに、8時間は戻ってるという構造を、頭では理解してるものの体がどう感じるのかわからぬまま、その日を迎えた。

地球は丸かった。

到着したのはシャルル・ド・ゴール空港

建物の構造は似たり寄ったりだけど、そこには日本語がない。
意味はわからないけど漢字があるだけでなんとなくヒントになるから、割と中国語がありがたい。

パリは東京みたいだった。
地下鉄でどこにでも行ける感じ。
山の手線みたいに街のまわりに高速道路が走ってて、中央線みたいにセーヌ川が真ん中を横断してる。

(距離感は無視すると、だいたい宿は神楽坂のあたり?位置だけの話。)

着いた日は、寝るだけだった。
次の朝、まずはモンマルトルまで歩いて向かう。
小石川植物園あたりにあるそこは丘になっていて、パリを一望できる。

そして、そこにはかつて印象派の画家たちが集っていた場所だったらしい。言ってることはわかるけど、非日常すぎて言ってることがわからない。

こじんまりとしたモンマルトル博物館でゆっくり過ごしたり、景色とか音楽を楽しんだり。

お昼はちかくのカフェ&レストランのようなところで。牛は見た目美味しそうだったけど、味は塩っ辛くて舌が痺れた。

そのあと東京ドームのあたりにある、ルーブル美術館へと向かう。
地下鉄はちっさな犯罪が多いって聞いていたからこわかったけど、歩き疲れた僕らはおそるおそる地下鉄を使う。
想像してみてください、異国でビビるふたり。かわいいでしょ?

ルーブル美術館は広いって聞いていたけど、やっぱり広かった。
観たい作品はオルセー美術館オランジュリー美術館に多かったのでファーっと歩いて有名なものだけ…って思ってたけど、有名なものが多くてファーって歩けない。

モナリザはいったいどんな気持ちなんだろう。
そんなことを考えながら、二日目は終了。

次の日は朝早くから、日本人たちと午前中にバスで行くジヴェルニーツアーに参加。バスで2時間くらい西に行くから甲府
あのモネさんが住んでいた家があり、有名な睡蓮の絵を描いた池があります。

家をみて池をみて、またパリに昼に帰ってきて。
そして、オランジュリー美術館で睡蓮の絵の本物を観て。なんちゅう贅沢。

夕方からはセーヌ川をはさんたところにあるオルセー美術館でゆっくりと夜まで。


モンマルトル博物館があったところはもともとアトリエだったわけですが、そこで描かれたルノワールのムーランギャレットの本物はオルセーにあって。


オルセー美術館のなかにはレストランやカフェもあるのですが、そこもまた綺麗で。何もない部屋が、訳のわからぬ壮麗さ。

これで三日目も終わり。

次の日の朝からTGVに乗って、リヨンへ一泊二日。

のどかな緑広がる景色を窓から眺めて二時間ほどで到着。

着いた途端、「あ、」って思った。
パリとは空気が違くて、なんだか落ち着く。
都会だけど田舎、田舎だけど都会。

もしもフランスに住むなら、リヨンがいいなって。たぶんリヨンは京都だ、東京から新幹線で2時間だし。


かわいらしいホテルに荷物を預けた後、とりあえずリヨンで一番行ってみたかったボキューズ市場へ。
夫婦ふたりだけだったとしてもたぶん市場に行ってたんだけど、ここで日本人のおばさまと出会う。旅でなにかしらだれかとご縁があったらな思っていたけど、まさかほんとにそういうことがあるとは。

市場に着いてバイバイして、ふたりでお店を見て回る。牡蠣、チーズ、肉、魚、ワイン。たまに獣。

この市場で食べたマグロのステーキが、旅で一番美味かったかもしれない。中はレア。

そして、夜から夕方にかけては旧市街の街並みが残る地区に。

ブションと呼ばれるお店が多くある地区でもあるので、そのまま晩ごはん。リヨンでのごはんは、今回の旅の楽しみのひとつでした。


おなかが満たされたあと、ホテルまでは歩いて帰った。そういうときに「またとっしの歩きたい欲や…」って言いながらも歩いてくれる人に選んでもらえてよかった。

夜中、ひとりで寝つけずいるとパリSGとニースの試合がテレビで放送してた。リヨンのホテルでリーグアンの試合を観るという、それもまた想い出になった。

翌朝、四日目?となるこの日お昼過ぎまではリヨンにいたのだけれど、川沿いに行くと予想外にマルシェが催されてて、パリのそれよりも食べものが多くてよかった。

お昼ごはんは軽くと思っていたけど、注文したいものがその日は無しで、訳の分からぬ大きさのハンバーガーを一人一個ずつ食べる。

TGVに乗って、またパリに戻る。
メルシーというお洒落なお店に行ったり、その周辺であるマレ地区を歩いたり。
位置としては、御茶ノ水。京都から戻ってきて、一度神楽坂の宿に荷物おろして、御茶ノ水に行くという感じ。

そのまま歩いて、ちょっと疲れたりもして、歩いて歩いて、いつのまにかノートルダム大聖堂。ちょうど21時で鐘が鳴っていた、「ノートルダムの鐘…、どっかで聞いたフレーズ…」でした。

そして、翌日五日目?
ヴァンヴという地区で蚤の市があって、それに行ってきました。東京では目黒か?

蚤の市ってよく聞くけど、蚤の市行くのは初めてだった。
おじいちゃんが売ってるセーターを買った、勢いで。今はクリーニングに出してる。

そのあと、ボンマルシェという百貨店でお買いもの。
リュクサンブールの公園をフランスを知っている友だちたちは勧めてくれていたので、そこにも行ってみた。(雨模様なのと時間があんまりないのとですこししかのんびりできなかったけど、これはのんびりできたら居心地よい園だなって思った。)

なんでリュクサンブールにちょっとしか居られなかったかというと、最後の夜にセーヌ川クルーズがあったから。博物館のパスポートといっしょに、ちょっと割引で買ってありまして。

発着はエッフェル塔の麓から。
ルートとしては、中央線で新宿から水道橋までを往復する感じ。

遠くからでも見えていたから、それでエッフェル欲は満足していたけど、やっぱり近くで見ると迫力あるね。世の中そういうことが、いっぱいあるんやろな。

クルーズが終わってから、最後のディナーでまた量が多すぎて、フランス人の胃はどうなっているんですか。

おなかいっぱいで宿に帰って、荷造りしてから眠って、朝起きて、シャルル・ド・ゴール空港まで送ってもらって、また10時間くらい飛行機乗って、18時間後の日本に帰ってきました。

日本着いたら、これ。
Welcome?
(スーツケースがひとつ、オランダ経由で旅して帰ってきました。)

僕たちふたりがとっても楽しめたから、それでオッケーなのだ。

広告を非表示にする

Bon voyage


旅立つ者に対して言うフランス語の「よい旅を!」という意味の挨拶。Wikipediaより)


今の僕にとっては、まさにぴったりの言葉。


実は昨日までの三連休を最後に洋食屋さんでの勤務を終えました。
ゼロから始めて学ばせてもらった場所や人に感謝をして、そして今何ができるようになって、これからまた何を学ぶべきなのかを、ゆっくり休みながら整理してみようと思います。
長いようで短い、短いようで長い旅に一区切りです。また新たな旅に出る前に、束の間の休息を。


...


結婚式も無事に終えられた今(ありがとうございました)、待っているのは新婚旅行。


時差7時間のフランスです、パリとちょっとリヨン。
日出ずる国ニッポンを出るのは初めてなのに、いきなり花の都でいいのでしょうか。


セーヌ川凱旋門エッフェル塔ルーブル美術館あたりの街の真ん中にはひと通りちょちょいとお散歩行くと思いますが、他にもみなさんのおすすめがあれば教えてください。
(てんびん座のO型は物事の背景や歴史について知ることができると喜ぶので、建築や絵画の意味を教えてもらえるととっても喜びます。)


もちろん町場のカフェやビストロも、楽しみのひとつ。というか、メインのひとつ。
お高いフレンチではなくてフランスの人間が何を喰らっているのかを見られるだけで、僕は「ほほう…なるほど」となるでしょう。


...


そして、フランスに行った後はフランス料理屋さんでのお仕事がスタートです。ヌーヴェルなボヤージュです。
今まで経験したことのない領域にまた歩を進めることになるので身震いしますが、学んだことをひとつずつ噛み砕きながら、また新しい場所で一歩一歩。
この仕事をしている限り一生勉強を続ける道に足を踏み入れたので、心を込めて日進月歩。


目紛しく変わる環境に付いていくのがやっとですが、なんというか総てが良き方向、僕が僕らしい方向に向かっている気がするので、誠意を尽くして行動あるのみです。
そのためにも身体を強く健やかにいられるように運動とメンテナンスも。


...


(こんな未来になるのなら、大学でスペイン語じゃなくて、フランス語を勉強していればよかった…)

広告を非表示にする

ing

英語で現在進行形のときにingって付けるじゃないですか、現在も進行してるぞー!って。


過去はed、複数だったらs。


当たり前にそう思ってるけど我に返ってみると、なんでや…ってなります。でも、ちょびっとお酒を飲んだのでそれ以上深くは考えません。こういうことをお気楽になりながら、深く話せる人はどこにいますかー?


はてさて、わたしは28歳です。
14歳を2回です。
0歳から14歳よりも15歳から28歳のほうが、やや濃いめの時を過ごした気がします。
なにより18歳からもう10年も経ったわけで、群馬から湘南に出てきた坊やも、今では坊やの面影がだんだんも薄れてきました。
出会った女の子も、今やみなさん女性です。
お友だちみんなと40歳くらいになってもくだらないおしゃべりをして笑ったりしたいので、これからもどうぞよろしくね。


ところでみなさん、ごきげんいかがですか?
暑い夏ももうすぐ終わりますが、それが終わったら暑い残暑がやってきます。ニッポンで生きているのですから四季を楽しみましょう。


僕はといえば、えーと、28歳です。
仕事と家族と、その他もろもろと。
もう少しビシッとバシッとオリャーっとしているほうが心強いのかと思いますが、あいかわらずほんわかと飄々としております。
めがねの向こう側にある眼光は鋭いかと思いますので、あたたかく見守ってください。



最近の趣味は、お店のメニューの原価を計算することです。食材が1kg何円なのかを調べて。ほほう、って思って。牛さんはいろいろな部位に分けられちゃうんだな…って。あとはいつも使うおたまは正真正銘おたまですが、いったい何mlなのかをあたらめて調べてみたり。


そういえばヨーロッパのサッカーは8月末で移籍市場がいったん閉まるので、いつもこのタイミングでビッグなニュースが飛び込んでくるんですが。この前仕事してるときにふと「料理人もサッカー選手みたいにレンタル移籍とかしたら面白そうだな」って思って。(もちろん超一流の料理の世界ではすでにそういうのがあるのかもしれないが…)
それぞれの料理人に代理人がいて、シェフ(サッカーでいう監督)とオーナーが話し合って、この人が欲しいって決めて。どうしても欲しかったら違約金払って契約解除したり。


実際ありそうだな、そういうの。
サッカーって楽しいな!


ふぅ、寝ます。
起きたら、きっと明日です。

広告を非表示にする

コーヒーと仕事

コーヒーを用いて仕事や活動をしている知人友人もいるので、私なんぞがとおこがましい気持ちにもなるのだけれど、


最近仕事場に新たなメンバーが入ってきたりして、お互いのベクトルを合わせるといったような話し合いをする機会もあり、


そんなときに「仕事とは?」とか「何のために働く?」とか、そういうフレーズがよく飛び交う。



僕は話し合いには参加しつつも、ぼんやりと「仕事を何のためにしてるんだろう?」って自分に問うてみていて、


究極的に言えば「自分のため」なんだろうけど、「家族のため」「お店のため」っていう側面も勿論あり、「お客さんのため」という模範解答もわかる部分もある。全部間違いじゃない。



そんなときにポッと、コーヒーを淹れるときのイメージが頭のなかに浮かんだ。


コーヒーを飲む人がいて、
(そのために豆を煎って、)
豆を挽いて、
お湯を入れて。


コーヒーってのは深煎りとか浅煎りとか豆の焙煎具合があって、酸っぱかったり苦かったりに差が出てきて、その風味を楽しんだりする飲み物であると勝手に解釈してるんだけれど、


たぶん自分(の仕事)が浅煎りだったら出てくるものも酸っぱくなるだろうし、
あまりに深く煎りすぎたら苦々しくなってしまったり。


ふぅ、ちょっとそういう風なことを考えたりしながら生きています。(その他いろいろ頭にポッと浮かんてくるんですが、今回は省略!)


つづきはwebで。

広告を非表示にする