カラダ

「一日の計は朝にあり 一年の計は元旦にあり」

という諺の通り、朝早く起きると一日が長々と感じられる。今日だって、そう。
(歯医者に通うようになって、休日も午前から動かなきゃいけないのもあるけれど。というか、それしかない。)



歯医者の治療は15分かそこらのが何週間も続くのだけれど、それなら一日で数時間やってくれればいいのにとも思う。
ただ、それはそれで口の中が詰め物ばっかりになるだろうし、口もとが麻酔だらけで変なことにもなりそうだし。

やっぱりニッポンの医療は最高ってことにしておこう。



治療している間は自分の口もとも見えなくて。何かが削られ、何かを埋め込まれて。
まるでどんどんと人造人間になっていくような気しかしない。

嗚呼、わたしの身体が西洋医学という遠く海の向こうからやってきた学問に侵されていく。
わたしは東洋の人間、もっと東洋な医学を施されたい。そうだ、ヨガを始めたい。おじさんになっても続けてられる、身体を動かす何かを始めたい。
(まあ、人間ってもともと人が造ったものか…とベッドに横たわりながら黙って納得して解決するのですが。アイアム人造人間。)



歯医者に通うようになったのも何かの縁、ここらで健康診断にも一度行っておこうかとも思う。内科なの?でっかい病院行かなきゃいけないの?

最後に健康診断を受けたのは、大学4年の春。忘れもしない、「貧血」による要再検査。
仕事をするようになってからは行けてないのです。ちゃんと行きたい。ちゃんと生きたい。



で、一年の計は「2月にインフルエンザにならない」。にもかかわらず、つい先週見事に胃腸炎になった。はじめての胃腸炎、あんなことになるのね。
診断されるまではインフルエンザの疑いもあって、元旦から20日で早くも計が崩れ落ちるところだった。あっぶねぇ。



さてと、今日も今日とて新たなお店のハンバーグの味を確かめに、これから行ってくるとします。わたしの胃腸の半分くらいは、ハンバーグでできている。

広告を非表示にする