もういくつかでお正月、早いねぇ。
2017年は誕生日の前日に結婚式があったから、まったくもってバースデー感がなくて、歳をとった感覚がない。
困ったもんです、こころはまだ28歳。
28歳なのに次の誕生日がきたら、急に30歳になるんです。


楽しみではある、30代。
手の届くところにある物事に対して腰を据えて向き合う時期かな。
向き合うと言っても対峙するわけではなくて、見つめ合って真摯に取り組むということ。
自分とそれをシンクロさせていく。
家族とか、仕事とか、健康とか。


今日、ハーブ&ドロシーという夫婦の映画を観ました。
それが僕のなかで良き羅針盤になった(気がする)。
コンセプチュアルアートやミニマルアートという、人から見たらわかりづらくてとっつきづらいものでも、シンプルに「好き」に従う。健気さ、素直さ。
僕も削ぎ落として残ったものが美しいと信じてた、若かりし頃のパッションを思い出したし、そういうものを誰にも理解されなくてもいいから、描いていくのもいいかもなって。
幸い僕の場合は、店をやるつもりだから、飾る場所には困らないわけで。


それにしても今日は休日だったけど、色々動いた。まにゃと。寒いのに、ありがとう。


オマッジオという南イタリアの料理屋さんでランチをしてきた。
イタリアとフランスは似てるけど、やっぱ違くて、どちらも魅力的だねと。
レストランは料理を食べる場所。
だからこそ、空間(ハードとしてもソフトとしても)もサービスも、味に含まれるよねと。


あ、そうそう。
途中で休憩したカフェで、オオヤミノルさんの本をさーっと読んだことも良かった。
なんでこの人こんなに怒ってるんかな(怒ってないのかもしれないけど喧嘩腰…)とか、妙に概念的なことを書いてるなとか、思うところもあるけれどなかには納得する文章もあって。
お金ないからサードウェーブはDIYなのに、日本人はお金かけてDIY風の装飾をしてるとか。

まあ世の中にはなにかにキレてる人はほかにもいるので、それに対してとやかく言うつもりもないので、わたしはわたしであなたはあなたというスタンスであります。
わたしは休日の日暮れ時にどっかのお店で過ごして、夕焼けの光が反射する建物を見るのが好きなことを自覚しました。


昨年の今頃はまだ妻は大阪の仕事、僕は一乗寺の洋食屋。
入籍したばかりで、結婚式は2017年にできればいいよね程度。
年が明けてからまにゃはロンドン。

妻は京都で仕事を始め、僕も御所の近くのフランス料理屋。
結婚式もして、新婚旅行にも行けた。

師走の中で僕も妻も走るけど、たまに時間ができたら会話をして、どんな一年にしたいか聞いてみたいと思います。
冬なので風邪をひかないように、ただそれだけ気をつけて暮らします。

広告を非表示にする